[秋田県立大学] トップページ > お知らせ

お知らせ

印刷する

2018-02-06
  

 「GNSS汎用利用による近未来型環境保全水田営農技術の実証研究」

成果報告会の開催について

 

 

 平成28年10月より大潟村の現地圃場を実証地として進めている標記実証研究について、GNSS直進アシスト田植機の高い直進性やオペレータの疲労軽減効果、代かき水を落とさない移植作業による八郎湖の環境負荷低減効果などが明らかになりました。本年度までの成果と今後の課題をわかりやすく紹介しますので、どなたでも積極的に御参加ください。

 

日時:平成30年2月19日(月)13時30分から15時30分まで

 

会場:JA大潟村本所 2階大会議室(南秋田郡大潟村字中央1-5)

 

次第:
 1.開会
 2.挨拶 JA大潟村 代表理事組合長 小林 肇
 3.成果報告
 (1)GNSS自動操舵装置の田植機での利用方法とその応用

    -移植、直播、除草作業の精度、均平作業等トラクタ作業への応用-

    農研機構・東北農業研究センター 長坂 善禎

 (2)GNSS田植機を使うことによる八郎湖の水質改善効果

    秋田県立大学 近藤 正

 (3)GNSS田植機試用アンケート結果と導入意向アンケートのお願い

    秋田県立大学 矢治 幸夫
 4.閉会

 

ページの先頭へ