[秋田県立大学] トップページ > お知らせ

お知らせ

印刷する

2017-04-03
  

文部科学省「情報ひろば」への企画展示について

 

 

 近年、植物工場は安定供給や高い安全性、高い生産性などの点から注目されている一方、その運営にかかるランニングコストが課題になっており、植物工場でしか栽培できない高機能性を持つ作物生産が求められています。
 こうした期待に応えるため、秋田県立大学は、文部科学省情報ひろば企画展示室にて、生物資源科学部の小川敦史教授による「栽培環境制御による機能性野菜の栽培法の開発に関する研究と実用化までの道筋」の企画展示を4月3日から実施します。本企画展示では、秋田県立大学で開発した栽培環境制御による高機能性野菜の栽培方法をわかりやすくご紹介します。

 また、展示期間中には、情報ひろばのイベントスペースで、機能性野菜をテーマとしたミニシンポジウムの開催も予定しています。
 情報ひろば企画展示室は、どなたでもご覧いただける展示・イベントスペースとなっていますので、お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

 

20170403.jpg 

  【企画展示の様子】

 

○企画展示の概要
 【展示期間】 平成29年4月3日(月)~ 平成29年7月24日(月)(予定)
 【開館時間】 月曜日~金曜日 10時~18時(土曜・日曜・祝日は休館)
 【展示会場】 文部科学省情報ひろば「企画展示室」 ※入場無料
                (東京都千代田区霞が関3-2-2 旧文部科学省庁舎3階)
 【展示内容】 (1)パネル「栽培環境制御による機能性野菜とは」
           ・腎臓病透析患者のための「低カリウム含量野菜」
           ・骨折関節疾患予防のための「高カルシウム、高マグネシウム含量野菜」
           ・鉄欠乏性貧血予防、改善のための「鉄高含量野菜」
           ・亜鉛欠乏患者のための「亜鉛高含量野菜」
        (2)動画「低カリウム野菜で元気に!」         等

 

 

ページの先頭へ