[秋田県立大学] トップページ > お知らせ

お知らせ

印刷する

2015-09-28
  

秋田県立大学の「地(知)の拠点大学(COC)」認定について

 

 文部科学省の平成27年度「地(知)の拠点大学による地方創生事業(略称COC+事業)」について、秋田大学を申請校、秋田県立大学及び秋田工業高等専門学校を参加校とする事業計画が9月28日付で採択されました。

 

 COC+事業とは、全学的に地域を志向する大学が他の大学や企業等と連携し、学生にとって魅力ある就職先を創出・開拓するとともに、その地域が求める人材を養成するための教育改革の実行等により、地方創生の中心となる「ひと」の地方への集積を図り、若年層の東京一極集中を解消することを目的とするものです。

 

 また、今回のCOC+事業と併せて、秋田県立大学の取組として同時に申請した、「県内大学連携インターンシップ制度」の構築と地域教育を含む一連の取組が、地方創生の推進につき特に効果的で優れたものとして文部科学省から認められ、本学が新たに「地(知)の拠点大学(COC)」として認定されました。

 

 なお、地(知)の拠点大学の認定を受けるのは、本県では、秋田大学に次いで、本学が2校目となります。

 

 本学は、人口減少率が全国最大となっている秋田県の社会減の流れに歯止めをかけるため、カリキュラム改革により地域理解を深める授業を導入した上で、県内企業との接点を拡大し、県内企業の魅力を多くの学生に知ってもらうための、新たなインターンシップ制度の導入を行います。

 

 これらの事業の概要については、掲載するイメージ図(PDF形式)をご参照ください。

 

COC+の体制図

県内大学連携インターンシップ制度

 

ページの先頭へ