[秋田県立大学] トップページ > ちょっといい科学の話

ちょっといい科学の話

印刷する

「ちょっといい科学の話」では、本学の各教員の研究テーマを日常的な話題を題材にご紹介しています。

コラムは科学に興味のある方だけでなく、そうでない方も楽しく読んでいただける内容です。

コラムを通して本学、そして本学教員を身近な存在として感じて頂ければ幸いです。

NEW NO.88 過酷な環境に生きるしたたかな植物たち
(生物資源科学部 生物環境科学科 准教授 石川 祐一)
NO.87 植物の不思議なパワー フィトンチッド
(木材高度加工研究所 教授 谷田貝 光克)
NO.86 「かたち」で色をつくる
(システム科学技術学部電子情報システム学科 准教授 本間 道則)
NO.85 「あれ」の効用
(総合科学教育研究センター 教授 桧山 晋)
NO.84 カフェインを知っているか?
(生物資源科学部応用生物科学科 助教 常盤野 哲生)
NO.83 何気ないけどすごい“人の手”
(システム科学技術学部機械知能システム学科 准教授 齋藤 直樹)
NO.82 こうようとリモートセンシング
(生物資源科学部アグリビジネス学科 准教授 嶋田 浩)
NO.81 パズルが実験に役立つ?!
(システム科学技術学部経営システム工学科 准教授 嶋崎 真仁)
NO.80 植物の生育を支える根の適応力
(生物資源科学部生物生産科学科 助教 小川 敦史)
NO.79 レトロが流行る理由(わけ)
(システム科学技術学部建築環境システム学科 准教授 山口 邦雄)

バックナンバー

 

ページの先頭へ