学部・大学院・附属機関

[秋田県立大学] トップページ > 学部・大学院・附属機関 > 木材高度加工研究所

木材高度加工研究所

印刷する

 本研究所は、秋田県の木材産業を資源依存型から技術立地型に転換することを目的として、平成7年に誕生しました。
 平成11年に本学の附置研究所となり、木質資源の理想的な循環系の確立をめざして、木材の基礎物性・加工・利用に関する研究と技術開発を行うとともに、高い技術力を備えた人材の育成(大学院博士前期課程・博士後期課程)にも取り組んでいます。

本館
事務室、図書館、研修室
研究棟
ラウンジ、分析室、電顕室、恒温恒湿室、電算室
南試験棟
資料調整室、南計測室、研究室
北試験棟
北計測室、研究室
実験住宅
新伝統型、近未来型、現在型
 
研究室
研究室
円筒LVL製造装
円筒LVL製造装
実験住宅の内観
実験住宅の内観
伐根材の開発
伐根材の開発
木材精油成分の抽出と利用
木材精油成分の抽出と利用
秋田スギを用いた木製治山ダム
秋田スギを用いた木製治山ダム

ページの先頭へ

 
学部・大学院・附属機関

ページの先頭へ