大学案内

[秋田県立大学] トップページ > 大学案内 > 学位授与等の方針(3ポリシー) > 生物資源科学部 3ポリシー

生物資源科学部(平成30年度以降入学者)

印刷する

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 人類と生物資源の持続可能な共存をより良く継続していくために、考え、提案し、行動できる人材の育成を目指す。このため、以下の能力を身に付け、卒業に必要な単位を修得した学生に学位を授与する。

1.生物資源科学・農学の専門知識や専門技術、考え方を身に付け、幅広い視野から問題解決方法を考え、提案できる能力
2.時代の変化や科学技術の発展を迅速に受け止め適確に分析して柔軟に対応できる能力
3.生物資源の諸問題の本質を見極め、その解決のために地域に根ざし世界基準で考え、『現場』重視の探求姿勢を持って取り組み、行動できる能力

【応用生物科学科】
 生物資源のより高度な利用を目指し、自ら課題を発見し、行動し、生命科学と食産業のフロンティアを切り開くことに貢献するため、以下の知識・能力を身に付け、卒業に必要な単位を修得した学生に学士の学位を授与する。

①生物化学、分子生物学、細胞科学、生物有機化学、微生物学、食品科学、醸造学の各分野の基礎および専門知識
②微生物、動植物、食品・醸造、遺伝子・タンパク質、有機化合物に関する理化学・生物学実験の知識および実験技術
③修得した知識や技術を的確に表現し活用できる能力

【生物生産科学科】
 持続的な農業並びに次世代の生物関連産業の課題と技術革新に取り組み、その発展に貢献するため、以下の知識・能力を身に付け、卒業に必要な単位を修得した学生に学士の学位を授与する。

①植物科学の基礎を理解し、新しい機能を備えた植物を創る能力
②地域の環境条件を考慮して、安全・安心な作物を育てる能力
③植物が生産する有用物質の機能を理解し、有効に利用する能力

【生物環境科学科】
 次代を見据えた健全な環境観をもち、自然との良好な関係を保った持続的社会の構築に貢献するため、以下の知識・能力を身に付け、卒業に必要な単位を修得した学生に学士を授与する。

①生物資源の持続的な活用や管理、環境や食料問題、生態系保全に関する基礎的知識とそれを理解するための基礎学力
②地域の自然や社会を対象とするフィールド研究を通じた現場対応力と実践的スキル
③多面的な環境を統合的に理解し、習得した知識や技術を的確に表現し、現場の課題解決に活用できる能力

【アグリビジネス学科】
 食料関連産業のイノベーションを進め、次世代型のアグリビジネスの創成ならびに持続的な地域社会の構築に取り組み、その発展に貢献するため、以下の知識・能力を身に付け、卒業に必要な単位を修得した学生に学士の学位を授与する。

①アグリテクノロジーと経営・経済の基礎及び専門知識・技術を学修し、それらを分野横断的に理解できる能力
②地域社会、地域資源の現状を把握し、それらの発展の可能性を提案できる現場応答力
③農業・食料関連産業に新たな価値を見出し、それらの発展に貢献できるビジネスを提案できる能力

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

1.生物資源科学・農学に関連した幅広い自然科学・社会科学分野の科目と、豊かな教養と広い視野、社会性や国際性を身につけるための科目を過不足なく配置する。
2.自立的に問題発見・解決を進める手法を身に付けさせるため、実験・実習を重視する。
3.3年次後半から研究室(プロジェクトにおいては3年次前半)に分属し、ひとり1課題の研究に取り組み、その成果を卒業論文としてまとめ発表することを指導する。

専門科目では、学科ごとに次のような人材育成のための特色ある科目を開講する。

【応用生物科学科】
・微生物から動物や植物に至るまで生物全般を対象に生命現象を物質レベルで理解するとともに、生物資源を高度に利用・活用するために必要な知 識と技術を修得させ、化学・医療や食品・醸造関連産業の発展に貢献できる人材を育成するための科目を設ける。

【生物生産科学科】
・生物の遺伝、生理、生態を理解し、植物を育てる、新しい植物を創る、植物を利用することに関する基礎から応用までの幅広い知識と技術を有し、農業を中心とする生物関連産業の発展に貢献できる人材を育成するための科目を設ける。

【生物環境科学科】
・生物資源の保全や環境と調和した持続的活用などを目指して化学、生物学、社会科学および環境科学の基礎・専門科目と環境の調査・分析手法や環境問題の解決手法を効率よく学ぶための演習・実験科目を設ける。

【アグリビジネス学科】
・アグリビジネスを総合的にとらえるため生産技術、生産環境、社会経済の各分野の基礎・専門科目を設けるとともに、専門知識・技術の活用法を 身に付ける演習・実験・実習を配置する。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

生物資源科学部では、生物資源に関する先端科学や技術、考え方を修得し、的確なコミュニケーション能力を身に付けて、問題を発見し解決するために考え行動できる人材の育成を目指す。そのために、自らを磨くことができる基礎的能力、生物関連産業や農業・農村に関する基礎知識や関心を有する人材を受け入れる。

1.高校教育課程で定められた基礎学力を有すること
2.明確な目標とその実現のための意欲と思考力を有すること
3.旺盛な知的好奇心をもっていること

求める人材

 生物資源科学部では「入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)」で示した資質に加え、学科ごとに次のような資質を持つ人を求めている。

【応用生物科学科】
①生命科学や食品・醸造の専門知識と技術を学ぶために必要な生物と化学の基礎学力を有する人
②専門分野の知識や能力を高めることに対して、積極的かつ意欲的に取り組むことができる人

【生物生産科学科】
①植物を中心とする生命現象を理解するのに必要な生物と化学の基礎学力を有する人
②植物とその生産に関心があり、専門的知識を身につける意欲を有する人

【生物環境科学科】
①身の回りの自然環境に関心を持ち、フィールドの中で学び、行動することができる人
②自然と人間が共存できる新たな技術開発や社会システムの構築に意欲を有する人
③自然科学に関する基礎知識を持ち、自然への深い関心と探究心を有する人

【アグリビジネス学科】
①次代の農業・農村および食産業の発展を図ることに熱意を有する人
②生産から消費までの知識・技術やアグリビジネスに対して高い学修意欲と知的探究心を有する人

高校段階での修得が望ましい教科と内容

1.理科
   生物基礎および化学基礎の知識を有していること。加えて、少なくとも生物又は化学のいずれかを履修していることが望ましい。

2.英語
   平易な英文を辞書なしで読み進められる語彙力・文法力に加え、身近な情報や自分の意見を英語で伝えられる能力を有していること。(英検準2級程度以上)

3.数学
   数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学A、数学Bを履修していることが望ましい。

4.その他
   他の教科・科目については基礎的レベルの知識を有していること。

入学者受け入れの種類と方法

1.推薦入学A
   基礎学力と生物関連産業(応用生物科学科、生物生産科学科、生物環境科学科)、農業・農村(アグリビジネス学科)に関する基礎的知識、論理的な思考力と記述力をみるための小論文と、学ぶ意欲やコミュニケーション能力、行動力などをみるための面接を重視する。

2.推薦入学B
   基礎学力と生物関連産業(応用生物科学科、生物生産科学科、生物環境科学科)、農業・農村(アグリビジネス学科)への関心、論理的な思考力と記述力をみるための小論文と、学ぶ意欲やコミュニケーション能力、行動力などをみるための面接を重視する。

3.推薦入学C
   (応用生物科学科、生物生産科学科、生物環境科学科)
   大学入試センター試験による基礎学力、学ぶ意欲やコミュニケーション能力、行動力などをみるための面接を重視する。

4.一般入試(前期日程)
   大学入試センター試験による基礎学力、自然科学を学ぶために必要な理科、外国語の学力を重視する。

5.一般入試(後期日程)
   大学入試センター試験による基礎学力、問題発見能力と論理的な思考力や記述力をみるための小論文を重視する。

 
大学案内

ページの先頭へ