[秋田県立大学] トップページ > コラム

コラム

印刷する

教員がICFEB 2015で最優秀論文賞を受賞しました

2015-03-25

教員がICFEB 2015で最優秀論文賞を受賞しました

-応用生物科学科-

 

 

 生物資源科学部応用生物科学科の王敬銘准教授が、3月10日(火)、11日(水)に韓国ソウルで開催された国際会議6th International Conference on Food Engineering and Biotechnologyにおいて、発表論文が、Best Paper Award(最優秀論文賞)に選出されました。

 「Discovery of new lead compounds as inhibitors of allene oxide synthase based on ozagrel scaffold と題したこの論文は、新規ジャスモン酸生合成阻害剤の発見に関するものです。

 

 【受賞した王准教授】
 【受賞した王准教授】

 


 

 

ページの先頭へ