炭やき・松くい虫情報

No.223 / 2019.12.10

第184回(2019年第7回)の前段作業は11月23日に終了しました


快晴の小春日和の下での炭やき再開でしたが、予想より人手が少なめでした。 修理した1号窯には11月16日の伐採時にすでに丸太を詰め終わっていたので朝早くに点火され、仕事としては2号窯に材を詰めていくだけでした。 途中からは、初めて参加された人たちを中心に薪割りをして、太すぎて製炭に向かない丸太がすべて薪になりました。 昼までにはさらに参加者が増え、昼食はいつもどおりにぎやかに食べることができました。

幸い2号窯も丸太でいっぱいになり、次回は当初14日に実施する予定でしたが、広場には次の材がほとんどなく、 伐採発注による材の調達も間に合いませんでした。そういうわけで、次回は今年度の枯死木が揃ってからに変更します。 14日のつもりで準備をしていた会員の方々、申し訳ございません。 現在、10月下旬までの枯死木246本から伐採必要な143本を伐採するよう、手続きが進んでいます。 1月25日までにはこれらの丸太が広場に運び込まれている予定です。

今年も皆様のご協力で無事に終わりそうです。そればかりか、受賞の喜びとともに年を越せます。 少し早いですが、みなさま良いお年をお迎えくださいませ。


第184回(2020年第1回) 窯あけ作業は 新年1月25日(土) 午前9時30分頃から の予定です。 皆様のご協力よろしくお願いいたします。

─ 海岸林学会からの受賞(速報) ─

先日、日本海岸林学会から今年度の日本海岸林学会地域賞に内定したとのお話を頂戴しました。 地域賞は、海岸林に関する活動を通して地域に貢献した個人または団体に授与されるもので、日頃の活動が評価されたものと思います。 夏の全国森林病中獣害協会の受賞にひきつづき、嬉しい限りです。 推薦してくださった金子智紀さんに感謝申し上げます。

授賞式は次回炭やきの場で行う方向で調整中です。 また10月27日には今年度学会大会の現地検討会として炭やき広場の見学に来られたとのことでしたので、合わせてご報告いたします。(星崎和彦)

お問い合せ先

「炭やきで夕日の松原まもり隊」事務局(生物環境科学科 森林科学研究室)

Tel:018-872-1618(坂田)、-1608(星崎)、-1619(蒔田)/Fax:018-872-1677

e-mailは forest.akita.pu@gmail.com まで


この活動は 一般財団法人セブン-イレブン記念財団 の助成を受けています。


過去の炭焼情報