このウィンドウを閉じる
2010.4.16.Fri/16:30-18:00

木木材の快適性を科学する

秋田県立大学 木材加工研究所/木村 彰孝

木材の快適性を科学的に解明するためにはどうすればいいのでしょうか?これまでは木材の物理的特性から快適性を探る、「木材から人」へアプローチする研究が数多く行われてきました。しかし、私は「木材から人」だけではいけないと思っています。自然素材である木材は見た目や触り心地、香りに特徴があります。そのため、人が見たり触ったり、香りを嗅いだりしたときの様々な反応から快適性を探る、「人から木材」へのアプローチも重要ではないかと考えています。

今回の講演では、物理量と人の反応からみた木材の快適性について私がこれまで行ってきた研究のうち、
 @秋田県能代市内の木造校舎の教室内環境調査
 A人の心理的・生産的・認知的側面の測定による木材の評価
を中心に関連する研究事例を含めて紹介します。


過去情報

2009年一覧へ
2008年一覧へ
2007年一覧へ
2006年一覧へ
2005〜00一覧へ

連絡先

秋田県立大学
生物資源科学部 生物環境科学科
森林科学研究室
〒010-0195
秋田市下新城中野字街道端西241-438
お問い合わせは
井上 Tel:018-872-1618
星崎 Tel:018-872-1608
蒔田 Tel:018-872-1619 Fax:018-872-1677
セミナー会場は学部棟Uの1階です


▲クリックすると大きな地図が開きます