生態学を基盤とした森林研究

森林科学研究室では

  • 地球市民・日本列島市民としての環境観
  • 「自然環境と共生する持続可能な社会」に貢献する基礎的素養

を育成することを目的に、自然の成り立ちを探求し、生態学を基盤とした森林の研究・教育を行なっています。フィールドはおもに、 秋田県とその隣県であり、長期的視野、持続可能性を考慮して取り組んでいます。

開かれた研究室

  • 公開のセミナーやシンポジウムなどを開催し、開かれた研究室を目指しています。
  • 他の研究所や大学との共同研究も積極的に進めています。
  • 県庁(農林水産部)、総合地方農林事務所や林業家の方々と交流を図りながら現場とのつながりも重視しています。
  • 松くい虫被害の防除に地域住民とともに取り組んでいます。

現在、研究室で取り組んでいる主要なテーマ

  • チシマザサ個体群の回復過程が林床のブナ実生・稚樹の成長に及ぼす影響
  • 樹木の生活史段階を通した共存過程の解析
  • トガクシショウマの繁殖生態の解明
  • 五葉山におけるニホンジカの採食に対する植物の連合効果の検証
  • コドラート調査は稚樹群集の構造をどれだけ代表しているか?
  • 開花変動がもたらす森林生態系への資源供給の変動

卒業生の研究テーマと調査地一覧

年度研究テーマ調査地
2018年 松林におけるニセアカシアの分布拡大メカニズム秋田県立大学松林
光環境がニセアカシアの成長に与える影響秋田県立大学松林
里山における自然体験の消失秋田県五城目
寒風山の半自然草原における昆虫相秋田県寒風山
秋田県におけるツキノワグマの個体数推定【修論】秋田県八幡平一帯
過去の研究テーマ・調査地へ>