[学部] 講義

生物資源と風土1年、前期蒔田生物環境科学とは何か?オムニバス形式で生物環境科学科の各研究室から2回ずつ担当。
生態学概論1年、後期蒔田、坂田生物環境科学科の"三本柱"のひとつが生態学。その入門編で、蒔田を中心に他の研究室も含めた4人による講義。
森林生態学2年、前期星崎森林の専門科目の第一弾の講義。植生分布や自然撹乱、樹木の生き様など。夏休み宿泊実習とリンクした内容もあります。
森林環境学2年、後期蒔田ヒトはいかに自然に依存してきたのか?森林のもつ機能、森林が作り出す環境の価値を考える。
森林資源学3年、前期蒔田「木の文化」の国日本。資源としての木の利用とその価値を学ぶ
森林管理学3年、後期星崎防災管理、野生動物管理、生物多様性など。興味のある部分を深く学んでもらいます。
環境遺伝子解析論3年、後期坂田分子生物学的な手法が、河川や森林や土壌などの環境を知る上でどのように活用されているかについてを学ぶ。「遺伝マーカーの生態学への適用」を担当
害虫制御学3年、前期星崎生物生産科学科の講義を2回、森林昆虫(マツ枯れ防除、個体群の周期的変動)を分担。
生物学II1年、後期星崎系統・分類、進化、個体群・群集・生態系を担当。
基礎生物学II1年、後期坂田系統・分類、進化、個体群・群集・生態系を担当。基礎をよりわかりやすく解説します。

[学部] 演習や実験

環境科学基礎演習1年、後期坂田生物環境科学科のみの特徴ある科目。10人前後のグループに分かれて、各専門分野の基礎を易しく体験学習。
化学・生物学実験II2年、前期蒔田、星崎、
坂田
いわゆる生物基礎実験(各教員2〜4回担当)。森林の教員は顕微鏡操作、花の形態観察、里山野外観察、DNA抽出とPCRなど担当。
生物環境科学実習2年、
夏期集中
学科各教員大学セミナーハウスでの宿泊実習。森林は白神山地の二つ森ブナ林の観察です。
生物環境科学実験II3年、前期蒔田、星崎、
坂田
森林パートでは植物標本・分類実習、測量実習、毎木調査をします。仁別の森林博物館と天然秋田スギ林見学も楽しいです。
生物環境科学科研究室実験3年、後期全員研究室ごとの実験で、森林科学では各地の森林見学や調査体験から卒論のイメージ作りをするほか、遺伝子実験もやります。
樹木医学実習3・4年、前期蒔田樹木医補資格取得のための実習(隔年開講)

[大学院] 博士前期課程

陸域生態系解析論蒔田、星崎、坂田生態系の長期動態、種多様性の維持、森林被害の現代的防除、保全などを担当。
地域資源循環活用論蒔田持続可能な社会のあり方を自然科学・社会科学の両面から考える
生態系環境科学特論 または 地域環境科学特論(どちらかで隔年開講、後期集中)その道の専門家を招いた集中講義。(毎年講師とネタは変わります)
課題研究(修士論文)各自がテーマを設定し、2年間の研究を通じて修士論文を作成する
生物資源科学演習文献購読や研究情報検索等、ゼミ形式で発表と議論を通して専門性を高める
現代統計・空間解析法星崎、坂田データ処理に関するお手伝いをする演習。あなたの課題をあなたのデータで解決!

[大学院] 博士後期課程

課題研究(博士論文)各自のテーマを設定し、研究成果を発表し博士論文をまとめる。
生物資源科学演習ゼミ形式での発表・議論を通じて各自の専門性を高める。

*新入生向け推薦図書*

順不同です。私(星崎)が自分で読んで、面白いと思った本です。 項目ごとに書名をリストしたので、一部重複があります。
○は見るだけでもきれいな、楽しくなりそうな本です
△はやや小難しく感じるかもしれない
?はやや物足りないかもしれない
※自分がどんな本を面白いと思うは、人によってきっと違います。(あるところで絶賛された本を大して面白いと思わないこともあれば、自分は面白いと思うのに他人はそうでもない、ということは良くあります) 本屋さんで半日くらい使って「本探し」=自分探し? をしてみてはどうでしょうか? 秋田なら秋田駅前のジュンク堂がいいです。(椅子が用意されていて立ち読みしなくて済む)

生き物関連
生命の宝庫・熱帯雨林井上民二NHKライブラリー1998年
甦れ、ブッポウソウ中村浩志山と渓谷社2004年
萌木の国今森光彦世界文化社1999年
となりのツキノワグマ宮崎学新樹社2010年
○?養老孟司のデジタル昆虫図鑑養老孟司日経BP社2006年
森林関連(やや人文的)
ブナの森と生きる北村昌美PHP新書1998年
トチ餅は東京産 その味ははるかなる縄文とのきずな濱屋悦次批評社2006年
木のいのち 木のこころ西岡常一草思社1993年
萌木の国今森光彦世界文化社1999年
ツリークライミング 樹上の世界へようこそジョン・ギャスライト全国林業改良普及協会2004年
生態系管理・環境保全・種の保全
生態系を蘇らせる鷲谷いづみNHKブックス2001年
50羽から5000羽へ アホウドリの完全復活を目指して長谷川博どうぶつ社2003年
なぜ生態系を守るのか?松田裕之NTT出版2008年
となりのツキノワグマ宮崎学新樹社2010年
甦れ、ブッポウソウ中村浩志山と渓谷社2004年
野生動物と共存できるか 保全生態学入門高槻成紀岩波ジュニア新書2006年
鳥たちの旅 渡り鳥の衛星追跡樋口広芳NHKブックス2005年
自然はそんなにヤワじゃない 誤解だらけの生態系花里孝幸新潮選書2009年
イワシはどこへ消えたのか本田良一中公新書2009年
苗木三〇〇〇万本 いのちの森を生む宮脇昭NHK出版2006年
生物学、植物学、生態学的な基礎
生物と無生物のあいだ福岡伸一講談社現代新書2007年
生物学のすすめJ.メイナードスミス紀伊国屋書店1990年
ゾウの時間ネズミの時間本川達雄中公新書1992年
植物のこころ塚谷裕一岩波新書2001年
自然はそんなにヤワじゃない 誤解だらけの生態系花里孝幸新潮選書2009年
森のスケッチ中静透東海大学出版会2004年
森のねずみの生態学齊藤隆京都大学学術出版会2002年
植物のかたち酒井聡樹京都大学学術出版会2005年
月下美人はなぜ夜咲くのか井上健岩波書店1995年
1冊でわかる 進化B・チャールズワース、
D・チャールズワース
岩波書店2005年
ドングリの戦略 森の生きものたちをあやつる樹木森廣信子八坂書房2010年
環境の持続性、環境と文化の多様性
生命の多様性 上・下E.O.ウィルソン岩波現代文庫2004年
縄文農耕の世界 DNA分析で何が分かったか佐藤洋一郎PHP新書2000年
○?カラー版 里山を歩こう今森光彦岩波ジュニア新書2002年
萌木の国今森光彦世界文化社1999年
ヨメより先に牛がきた はみだしキャリア奮戦記役重真喜子家の光協会2000年
山里の釣りから内山節同時代ライブラリー1995年
フィールドワーク系
ヒマラヤで考えたこと小野有五岩波ジュニア新書1999年
生命の宝庫・熱帯雨林井上民二NHKライブラリー1998年
スピティの谷へ謝孝浩新潮社2001年
森のスケッチ中静透東海大学出版会2004年
植物のかたち酒井聡樹京都大学学術出版会2005年
生態学ライブラリー 各巻京都大学学術出版会
湖は碧か、生態化学量論からみたプランクトンの世界世界文化社1999年
自然環境一般
屋久島 巨木の森と水の島の生態学湯本貴和岩波ジュニア新書1995年
白神山地 ブナ原生林は誰のものか根深誠つり人社2001年
秘境・和賀山塊佐藤隆・藤原優太郎無明舎出版2005年
秋田・源流の山旅藤原優太郎無明舎出版?年